仕事・転職・独立

失業手当を申請後に出戻りで再就職手当を受給できるのか徹底調査!!

失業手当を受給してから、元の会社に「出戻り」で再就職するという選択を考えている方は少なくないでしょう。

この記事では、失業中の方が次の仕事を見つけるまでの間に、国から支給される失業手当と、一度退職し失業手当を受給した後に、再び前の会社や関連する会社へ就職する場合の「出戻り」に焦点を当てています。

再就職手当の支給対象外となるケース、さらには、出戻りを決断する際の注意点を詳しく調査しました。

<記事のポイント>

1⃣ 失業手当を受給した後の「出戻り」に関する基本的な知識
2⃣ 同じ会社への再就職が「再就職手当の支給対象外」となる理由
3⃣ 出戻り時に再就職手当を受給するために必要な条件
4⃣ 出戻り再就職における失業保険制度の利用方法

失業手当の受給資格を得た後に出戻りすることは可能?

「失業手当」とは、失業中の方が次の仕事を見つけるまでの間に、一定の生活を支えるために国から支給される手当のことです。

また、「出戻り」とは、一度退職し失業手当を受給した後に、再び前の会社や関連する会社へ就職する場合を指します。

しかし、この「出戻り」には注意が必要です。

同じ会社への再就職は、原則として『再就職手当』の支給対象外とされています。

なので、出戻り自体は問題ありませんが、その際は再就職手当の条件に満たないということを理解しておいた方がいいでしょう。

これは、失業保険制度が安定した再就職を促進する目的で設けられているため、一度退職した会社へのすぐの復職は、制度の趣旨にそぐわないと判断されるからです。

  • 失業手当|同じ会社に再就職する際の注意点!!
  • 失業保険:同じ会社で2回目の申請はできるの?
  • 失業保険を受給後に同じ会社で「バイト」をしてもいい?
  • 失業保険を受給後に「パート」で再就職しても大丈夫?
  • 失業保険を受給後に「同じ派遣会社」に出戻り可能?

失業手当|同じ会社に再就職する際の注意点!!

もし失業手当を受けている間に、同じ会社に再就職する機会があった場合は、特に注意が必要です。

失業保険は、新たな職を探す期間を支えるための制度です。

そのため、前の会社に「出戻り」する場合、再就職手当の受給資格が失われる可能性が高いです。

具体的には、再就職手当の支給対象外となることが一般的です。

これは、失業保険が提供する経済的支援を、本来の目的以外で利用することを防ぐための措置です。

失業保険:同じ会社で2回目の申請はできるの?

失業保険を受給した後に、また前に働いていた職場に出戻りすることは可能です。

ただし、その際は再就職手当の対象外になります。

また、前職に戻った場合でも、週20時間以上の労働などの条件を満たしていれば、再度「雇用保険」に加入することはできます。

そして、1年以上務めるなどの条件をクリアすれば、同じ会社を2度退職し、2回目の失業保険を受給することも可能です。

会社側が退職した失業保険の受給者を「再雇用」しても違法にはならないので、法律的な問題はありません。

その代わり、何度もお伝えしているように、再就職手当に関しては「出戻り」の際は、支給対象外となりますので、その点は注意が必要です。

失業保険を受給後に同じ会社で「バイト」をしてもいい?

失業保険を受給した後に、前と同じ会社にアルバイトとして再就職することは可能です。

給付を受けたからといって、次は必ず「フルタイムの雇用でなければダメ」ということはありません。

なので、前職で非正規雇用としての「出戻り」をするかどうかは、あなた自身の自由ということになります。

ただ、失業保険の受給中に『出戻りでの再就職』を希望する場合は、再就職手当の条件に満たない可能性が高いです。

その辺の詳細に関しては、念のため、ハローワークで直接確認にしてみてください。

失業保険を受給後に「パート」で再就職しても大丈夫?

基本的に、パートタイムでの再就職も、フルタイム雇用への再就職と同様に扱われます。

ただし、再就職先が前職と同じ会社の場合、「再就職手当の支給条件」を満たさない可能性があります。

例えば、1日4時間以下で週20時間未満の労働だと、雇用保険に加入することができないので、再就職手当の支給条件を満たすことができません。

再就職手当は、新たな職に就くことで生じる経済的不安を和らげるためのものです。

同じ会社への「出戻り」が対象にならない理由としては、不正防止及び、本来の制度利用とは異なると考えられているようです。

失業保険を受給後に「同じ派遣会社」に出戻り可能?

派遣社員としての仕事も、正規雇用と同様に失業保険の対象となります。

しかし、失業手当の受給期間中に、前と同じ派遣会社から派遣される形での再就職は、「再就職手当」の支給条件を満たしません。

その理由は、派遣社員として働く場合でも、新たな職場環境での就業が「失業保険制度の趣旨」に合致すると考えられているからです。

従って、派遣会社を退職しても失業手当を受けることはできますが、同じ派遣会社への出戻りによる再就職手当には期待しない方がいいでしょう。

再就職手当+出戻りの真実:もらえる?もらえない?

  • 出戻りで「再就職手当の申請」ができないって本当?
  • 再就職手当を受給して前の会社に戻ることは難しい・・・
  • 再就職手当|前の前の会社への再就職は対象になるの?
  • 失業保険:同じ会社に復帰する際は保険適用外である
  • 再就職手当と失業手当の違いは何?出戻り時のポイント

出戻りで「再就職手当の申請」ができないって本当?

「出戻り」の就職でも、特定の条件を満たせば再就職手当の受給が可能です!と言っている人もいますが、それはあくまで特例的なケースといえるでしょう。

少なくとも私が調査した範囲において、一般的に「同じ会社への再就職」で、再就職手当を受け取ることはできません。

再就職手当の主な目的は、失業者が新たな職場で安定した雇用を見つけることを支援することにあります。

また、出戻りでもOK!にしてしまうと、前の職場で仲の良かった同僚や上司と「口裏合わせ」をしてしまうリスクもありますよね。

なので、出戻りをすること自体は何の問題もありませんが、お祝いという意味での再就職手当の対象にはならないのです。

再就職手当を受給して前の会社に戻ることは難しい・・・

前の会社への「出戻り」には、環境への早期適応や業務のスムーズな再開などのメリットがあるでしょう。

もちろん、会社側が再度、雇用してもいいという判断を下せばの話ではありますが・・・。

出戻りで再就職手当を受給することは、基本的に不可能とはいえ、出戻り自体が禁止されているわけではないです。

もし、どうしても再就職手当をもらいたいんだ!ということであれば、出戻りではなく全く無関係の他の会社に再就職することをおススメします。

そこで再就職手当をもらって、しばらく働いてから前の前の会社に戻るという選択肢もありますからね。

再就職手当|前の前の会社への再就職は対象になるの?

前の前の会社への再就職は、前職への「出戻り」よりは、再就職手当の支給条件を満たしやすい!という口コミがちらほら見受けられます。

ただし、失業保険を受給中に、以前働いていた会社または、同一企業グループ内での転職をする場合は、念のためハローワークでの相談や確認が必要です。

ネット上の情報はあくまで過去のものなので、最新情報は常にハローワークから取り入れた方が確実といえるでしょう。

前の会社がダメなら、前の前の会社ならどうですか?という相談は、なかなか多くはないと思いますが、再就職手当を受給できるかどうかは、今後の生活費を考えた上で重要なポイントになってくるというケースもあるでしょう。

失業保険:同じ会社に復帰する際は保険適用外である

失業保険の制度下で、同じ会社に復帰する場合が保険適用外とされる主な理由は、失業保険制度の目的との整合性にあります。

失業保険は、失業者が新たな職を見つけるための一時的な支援を目的としており、同じ職場への復帰は、新たな職を見つけたとは認められにくいです。

そのため、失業保険の再申請や受給中に前の職場への「出戻り」は、制度の趣旨から外れる行為と見なされてしまいます。

ただ、就職活動をする中で、どうしても他に選択肢がないとなれば、以前働いていた環境に戻りたい!と思うのは、決して不思議なことではありません。

再就職手当がもらえないのであれば、失業手当を90日なら90日間受け取って、その上で出戻りを考えるというのも、一つの選択としては間違いではないでしょう。

再就職手当と失業手当の違いは何?出戻り時のポイント

再就職手当と失業手当は、ともに失業保険制度のもとで提供される経済的支援です。

その目的と受給条件には明確な違いがあります。

失業手当は、失業中の生活を支援するためのもので、一定の条件下で失業している期間に受給できます。

一方、再就職手当は、失業手当の受給資格を持つ人が、新たな雇用を見つけた際に受け取れる一時金です。

この違いを理解し、ハローワークなどの公的機関との相談を通じて、適切な支援を受けることが大切になってくるでしょう。

また、「出戻り」の場合、再就職手当の受給条件を満たすかどうかが焦点となります。

私が個人的に徹底調査したところ、『出戻りで再就職手当を受給すること』は、現時点では不可能です。

失業保険制度は、失業者の再就職を支援し、経済的負担を軽減することを目的としています。

そのため、失業手当の受給中や再就職手当の申請時には、制度の目的に沿った適切な利用が求められます。

特に「出戻り」を含む再就職の場合は、再就職手当の受給資格を得られるのかどうか、直接ハローワークで確認する必要があるでしょう。

「失業手当+出戻り」について総括

記事のポイントをまとめます。

✅ 出戻り自体は可能だが、再就職手当の条件には満たない
✅ 失業手当受給中に、前の会社へ再就職しても再就職手当は支給対象外
✅ 再就職手当は、新たな職に就くことで生じる経済的不安を和らげるためのもの
✅ 前職に戻る場合でも、週20時間以上の労働など条件を満たせば雇用保険に再加入可能
✅ 同じ会社を二度退職し、二回目の失業保険を受給することは可能である
✅ 法律的に再雇用しても問題ないが、再就職手当は「出戻り」では支給対象外
✅ 前職の非正規雇用の会社への出戻りは自由だが、再就職手当の受給条件には注意
✅ パートタイムでの再就職も同様に扱われるが、雇用保険の加入には条件がある
✅ 同じ派遣会社への再就職は、再就職手当の支給条件を満たさない
✅ 特例的ケースで、出戻りでも再就職手当の受給が可能というの噂もあるが、一般的ではない
✅ 再就職手当と失業手当は異なる目的で提供される経済的支援であり、適切な利用が求められる
✅ 出戻りの場合、再就職手当の受給資格を得られるかどうかは直接ハローワークで確認が必要